携帯買取をモノを減らすきっかけに。

ビル

モノを捨てられないという人はいませんか。そんな人は、過去に使っていた携帯もまだ手元にあるのではないでしょうか。その携帯を携帯買取店へ持っていったら、モノを手放せる人になれるかもしれません。しかしそんな人は、モノに執着をしているとも考えられます。これにはこういう思い出があって、と理由をつけて捨てられないのは、愛着ではなく、執着です。なぜなら、その多くはすでに使わなくなったもので、今必要なものではないから。思い出、と言っている時点で、例え当時は愛着のあったものでも、執着に変わっているはずです。

過去に使用していた携帯は、その執着の代表的なものだと思います。毎日肌身離さず持っていて、色々な人と交流をしていた。当然愛着も生まれるでしょう。ですが、使わなくなったら、あっても意味のないもの。データを抜いてしまえば、もはや過去の思い出のモノです。執着してモノを増やすのであれば、売ってしまえばいいのです。それでお金がもらえ、嬉しい気分になったら、色々な執着がどうでもよくなり、きっと、増え続けていた服や本なども、あっさりと売りに出したり、人にあげたりできるでしょう。モノに執着し、モノに溢れた生活をしている人は、きっと心のどこかで、モノを減らしたいと思っているはずです。執着は心を締め付けるものですから。携帯買取を利用して、あなたの執着で縛り付けられているモノたちを解放してあげましょう。